Yoshiuhの経歴

よしうー (Yoshiuh)

作編曲家…ではなく、ごく一般的な(?)サラリーマン。
大阪は南、関空の近くに生息。
若干コンピュータ関係に強い、吹奏楽好き。
楽器はフルート・トランペットがメイン、たまにホルンも。

編曲はアニメの作品が多いがアニメに精通しているわけではなく、
そこそこに嗜む程度で、気に入った作品があればごく普通の楽しみ方をしている。

ごく普通の楽しみ方=主題歌の編曲

…普通じゃない?()

 

幼少より鍵盤楽器をそれなりにこなし、高校の吹奏楽部に入りフルートを始める。

高校3年生の引退演奏会で指揮がやりたいがために吹奏楽作曲をして実演に至ったが、
いかんせん人数が少なかっため、自分自身が演奏に参加することになり、指揮者の夢は叶わず。
以後十数年にわたり母校の演奏会に吹奏楽曲の書き下ろし作品を提供し、4年目にして指揮者として舞台に立つ。

大学時代にトランペットを独学で履修、理由は「かっこいいから」。

社会人の2年間、地域吹奏楽団に所属し2年目は副団長に抜擢。
その経験を生かし、2006年に佐野ウインドオーケストラを立ち上げる。
現在も団長として活動中。

2011年、ひょんな事より深夜アニメにハマる。
きっかけは魔法少女まどか☆マギカのほむら回想回。
この頃からニコニコ動画を徘徊するようになり、ヒャダイン氏の追っかけを始める。

 

ここからすべてが始まった。

 

2011年7月、ヒャダイン氏のCDリリースイベントに自編曲の譜面を持ち込みスコアにサインをしてもらう。
半ば強制公認を実施した伝説のイベント。
ここからニコニコ動画への吹奏楽編曲動画投稿が始まる。
当初はヒャダイン氏の曲リリースごとに吹奏楽編曲を実施していたが徐々に視野を広げ、
アニメのシーズン切り替えに合わせて最新のアニメを吹奏楽編曲するようになる。

2012年にリリースした物語シリーズセカンドシーズンの囮物語OPの編曲作品が初めてヒットし、周りに認知されるようになる。

2013年ニコニコ合唱吹奏楽団(ニコ楽)と出会い、サブカル吹奏楽の楽しさを改めて実感する。
以後、アニメの吹奏楽作品の制作ペースが格段にアップ。演奏イベントにも軽率に遠征するようになる。

2014年 ニコニコ超パーティーⅢの超ニコニコ管弦楽団に出演

2015年 ニコニコ超会議2015 ニコニコ大合奏、Nオケに参戦
2015年 ニコニコ超パーティ2015の超ニコニコ管弦楽団に出演
2015年ニコニコ合唱吹奏楽団 第2回演奏会に委託編曲を提供

2016年 Nico Nico Sounds in Brass 台湾公演(NNSB台湾)に出演

2017年 アニメ「けものフレンズ」の「ようこそジャパリパークへ」の吹奏楽編曲がスマッシュヒット。
YouTubeとニコニコ動画合わせて100万再生を突破する。
2017年 ニコニコ超会議 ニコニコ大合奏に参戦
2017年 ニコニコオーケストラ(ニコオケ)ファイナルオフに参戦

2018年 Nico Nico Sounds in Brass 鄭州公演(NNSB少林寺)に出演
2018年 ニコニコ超会議 ニコニコ大合奏に参戦
2018年 関西での演奏オフ会(おもすい関西)に参戦

この時、関西圏での演奏界隈の輪を広げ、関西でも多くの演奏イベントを開催したいと決意(腹をくくった)。
水面下で活動していた音工房Yoshiuhを本格的に活動していくきっかけとなる。

 

2019年 よしうー編曲を演奏しようオフ、開催予定。